魚には高度な知能があると、社会的学習の兆候から科学者が主張しているそうです。

魚は、牛や豚、鶏と同じく脊椎動物で、また、人類と同じくらい長い進化系統を持っているといいます。

さらに、科学者の話によると、魚には自然認識能力(量を認識する能力を含む)や、痛みを知覚・経験する能力があり、間違いなく知能があることを示す証拠をたくさん見つけたということです。

また、魚はすばやく学習し、長い間、記憶を保持できるとも言っています。

そして、ある魚は、欺きと和解を通して他者の行動を操作する「マキャベリ的知性」を持っているとも。

魚はほかの脊椎動物と同じく、痛みを感じるのに必要な神経的ハードウェアをすべて備えているそうです。

魚は痛みがある時はのたうちまわり、鎮痛剤を与えると痛みが和らいだ様子を見せ、これらは、魚が、犬や猫、あるいは食用にされる牛や鶏と同じく、痛みを感じる能力があることを示しているということです。