子供の運動能力を高めるために、大人ができることを解説していました。

まず、幼児期は、遊びの中で体を動かすことの楽しさを経験させるといいます。

もともと、子供の遊びの中では、走る、投げる、のぼる、ジャンプするなど、たくさんの要素が自然と求められ、そんな経験を通して、自然と運動能力を身につけていくのが幼児期なのだということです。

幼児期は体を動かして遊ぶことをたくさんさせてあげましょうと。

そして、小学校時代は、さまざまな運動要素を取り入れることが有効と言っています。

小学校低学年は、呼吸器や循環器系など、運動にかかわる器官がまだ出来上がっていない状態、それだけに、さまざまな動きを身につけることで脳と体を結びつける神経の成長を促すことが、長い目で見た運動能力の向上に役立つのだといいます。

そのためにも、幼児期と同様、単独の動きを繰り返し練習するよりも、さまざまな運動要素を取り入れることが有効と。

小学校高学年には、運動能力が向上しやすい時期が待っているので、それまでに、基礎的な運動能力を伸ばしつつ、運動は楽しいという意識を作ってあげることが大切なのだということです。